七夕とは?由来や意味を知り、子供向けに分かりやすい説明を考えよう

七夕と言えば、7月7日!織姫様と彦星様が、天の川を渡って1年に1度だけ会うことが許された日。なんで、1年に一度しか会えないの?なんで、7月7日なの?なんとなく昔聞いた気もするけど、子供に聞かれても説明できません・・・。

ぜひ、七夕の由来や意味を知って、分かりやすい説明を考え、子供向けに教えられるようになりましょう!

七夕の由来と意味

七夕は本来「七夕(しちせき)の節句」という、日本の五節句の一つです。別名では、「笹の節供」「星祭り」ともいわれます。その由来を調べてみると、色々な文化が結びついているようです。

七夕につながる、星座や星

七夕の由来はやはり、織姫・彦星の星物語からスタートします。新暦の7月7日だと、まだ梅雨のさなかで星空もあまり見えないと思いますが、旧暦の七夕は8月ですから、雲のない夜空を観察できることが多いと思います。次の星座や星を、さがしてみませんか?

夏の星座を探す目印となる3つの恒星をつないだ「夏の大三角」は、琴座にある織姫(織女星)のベガ、鷲座にある彦星(牽牛星)のアルタイル、そして白鳥座のデネブです。白鳥座は、二人の橋渡し役となるカササギと言われます。

織姫・彦星の星物語

天の川の西岸に織姫という姫君が住んでいました。織姫は機織りの名手で、美しい布を織り上げては、父親である天帝を大変喜ばせておりました。そんな娘の結婚相手を探していた天帝は、東岸に住む働き者の牛使い彦星を引き合わせ、二人はめでたく夫婦になりました。

ところが、働き者だった二人は結婚した途端に、夫婦生活を優先しすぎて働かなくなってしまいました。これに怒った天帝が、天の川を隔てて二人を離れ離れにしてしまいました。

しかし、悲しみに明け暮れる二人を不憫に思った天帝は、一生懸命働けば、七夕の夜に限って二人が再会することを許しました。こうして二人は働きながらその日を待ち、天帝の命を受けたカササギの翼にのって天の川を渡り、年に一度の逢瀬(おうせ)をするようになったのです。

由来のひとつ「乞巧奠」

この二人の逢瀬を祝い、中国で「乞巧奠」(きっこうでん)というお祭りが行われるようになりました。「乞」は願う、「巧」は巧みに上達する、「奠」はまつるという意味で、織姫にあやかり機織りの技が上手くなるように、ひいては様々な手習いごとの上達を願うものでした。

そして、「乞巧奠」が奈良時代の遣唐使によって日本に伝わると、宮中行事として取り入れられるようになりました。

詩歌や裁縫の上達を願って星に祈りをささげ、梶(かじ)の葉に和歌をしたためて、お祀りしていたそうですが、梶の葉の裏側は細くて滑らかな毛がたくさん生えているため墨の乗りがよく、紙の原料としても使われていたそうです。

どうして七夕(たなばた)と呼ぶのか?

日本では機で織った布を祖霊や神にささげたり、税として収めたりしていました。旧暦の7月はお盆や稲の開花期、麦などの収穫期にあたります。そこで、お盆に先立ち祖霊を迎えるために乙女たちが水辺の機屋にこもって穢れを祓い、秋の豊作を願って、機を織る行事が行われていました。水の上に棚を作って機を織ることから、これを「棚機」(たなばた)といい、機を織る乙女を「棚機つ女」(たなばたつめ)と呼びました。笹竹には、神迎えや依りついた災厄を水に流す役目がありました。

やがてこの行事と乞巧奠が交じり合い、現在のような形に変化していきました。そして、7月7日の夕方を表して七夕(しちせき)と呼ばれていたものが、棚機(たなばた)にちなんで七夕(たなばた)という読み方に変わっていったようです。

七夕といえば、笹竹に短冊

小さい頃、誰もが笹竹に願い事を書いた短冊を吊るした記憶が、あるのではないでしょうか?その由来や意味も調べてみました。

短冊に願い事は江戸時代から

笹竹に短冊をつるして願い事をするようになったのは、江戸時代からです。手習いごとをする人や、寺子屋で学ぶ子が増えたことから、星に上達を願うようになりました。

本来はサトイモの葉に溜まった夜露を集めて墨をすり、その墨で文字を綴って手習い事の上達を願いました。サトイモの葉は神からさずかった天の水を受ける傘の役目をしていたと考えられているため、その水で墨をすると文字も上達するといわれていたのです。

こうした本意を踏まえると、短冊には「○○が欲しい」というような物質的な願いごとではなく、上達や夢を綴ったほうがよいとされています。

笹竹に飾る意味

竹や笹は昔から神聖なものと考えられていて、神様が降りてくる目印になるといわれています。

特に竹は、1日に1m以上も伸びることがあり、目印になりやすいことが頷けます。

目印の笹竹に、願い事が書いてある短冊や綺麗な飾りがついていることで、神様の目にとまりやすいのではないでしょうか。

五色の短冊の意味

短冊には、願いごとや「天の川」など七夕にちなんだことばや絵を書いて下げます。五色(ごしき)というのは、中国の陰陽五行説にちなんだ「青、赤、黄、白、黒」の五色。陰陽五行説とは、古代中国の「木、火、土、金、水」の五つの要素が、この世のものすべての根源である」という説で、「木=青・火=赤・土=黄・金=白・水=黒」を表しています。

子供向けに分かりやすい説明を考えよう

七夕は、子供にとって大切な行事だと思います。夢や願いを短冊に書いて、神様にお願いするというのは、とてもワクワクすることだったように思います。

子供たちがより興味を持って、七夕という行事に関われるように、分かりやすい説明を考えてみましょう。

子供に伝えるポイント

子供に伝えるための大切なポイントは、次の3つと考えました。
1 織姫と彦星の星物語
2 きっこうでん(乞巧奠)というお祭り
3 笹竹に短冊

それぞれを、子供向けに分かりやすい説明を考えてみます。

1 織姫と彦星の星物語

昔、織姫という神様の子供がいました。織姫は機織りが上手で、美しい布をたくさん作っていました。神様は織姫の結婚相手に、働き者の牛使いである彦星がいいと考え、2人を合わせました。

2人はすぐに仲良くなり、結婚したのですが、とたんに働かなくなり、2人で遊んでばかりいました。

このことに怒った神様は、2人を天の川の反対岸に、離れ離れにしてしまいました。

そして、織姫も彦星も一生懸命頑張ることができたら、1年に一度、七夕の夜だけ、2人を会わせてあげることにしました。

織姫と彦星は、1年に一度だけでも、大好きな相手と会うために、一生懸命働いたんだよ。

2 「きっこうでん」(乞巧奠)というお祭り

織姫と彦星が会うことができることを、中国では「きっこうでん」というお祭りでお祝いしたんだって。

織姫は機織りが上手だったことから、様々な習いごとが上手になるように、神様にお願いするお祭りだったんだよ。

それが、日本に伝わって、だんだんと今の七夕になったんだ。

3 笹竹に短冊

短冊を飾る竹っていうのは、1日でとても高く伸びるんだよ。

ぐんぐん伸びてとっても高くなるから、神様がくる時に、目印になるんだ。

一番上手になりたいことを短冊に書いておくと、神様が短冊を見て叶えてくれるんだよ。

さいごに

いかがだったでしょうか。どんなことも「子供向けに・・・」と考えるのは、難しいなぁと思います。時々、振り返ってみて、もっといい説明がないか考えてみたいと思っています。

みなさんもぜひ、さらに子供にわかりやすい説明を考えてみてください。

そして、七夕はもちろん、昔からあるいろんな行事を、子供と理解し合いながら楽しみましょう。

最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。