七五三、初穂料の相場、のし袋の種類と書き方、中袋なし?

「男兄弟しかいないと、七五三なんて関係ないと思っていた。」なんてことを聞いたことがあります。子どもの成長を祝って、健康を願う行事ですので、お子さんがいる家庭ではぜひお祝いをしたい行事ですね。

11月15日が七五三のお参りの時期と言われていますが、実際には10月から11月のお休みの日に行う家庭が多くなっているようです。そのほうが各ご家庭の都合に合わせることができ、混雑を回避することもできるのでいいことだと思います。

しかし、初穂料(神様にお供えするお金)の相場はどのくらいか、のし袋の種類と書き方、中袋はどうするの?などなどわからないことがたくさんあるので、一般的な七五三についてまとめてみました。

男の子?女の子?初穂料の相場?

3歳では丈夫な髪が生えてくるようにと、男の子女の子問わずに祝い、5歳では男の子が袴を着て社会の一員になること、7歳では女の子がヒモから帯で着物を着付けるようになることを祝う行事が元になり、江戸中期に呉服屋さんが商売に生かそうと3つの行事をまとめて宣伝したことが、七五三の原型だと言われています。

だから、3歳では男の子と女の子、5歳では男の子、7歳では女の子をお祝いすることが一般的です。ただし、数え年や満年齢、早生まれの場合はどうするのかとか、兄弟姉妹がいて一緒に祝いたいなど、迷われるご家庭が多いようです。それでも、こうしなければならない!と決まっていることはないので、ご家庭の都合などに合わせて、祝う年や日程を考えて構いません。

神社に納める初穂料は、一般的に一人5,000円から10,000円が相場と言われています。神社の多くは「お気持ち」としているようですが、中には金額がはっきりと決まっているところもあるようです。まず、祈祷をお願いしたい神社に問い合わせることがいいと思います。

我が家では、着物と写真撮影を優先したので、写真館に問い合わせ、神社での祈祷も紹介してもらいました。そうすると、あまり悩まずに七五三をお祝いすることができたように思います。

のし袋の種類と書き方、中袋なし?

七五三の初穂料ののし袋は、コンビニなどで売られている一般的にご祝儀袋で構いません。表書きは、上部に「御初穂料」と書くのが一般的で、下には祈祷してもらう子どもの名前を書きます。中袋にお金を入れて、表には金額、裏には保護者の住所と名前を書いておくといいようです。

中袋がない、水引が印刷された封筒タイプのものを使用したい場合もあると思います。入れる金額が10000円以下の場合に使われる封筒ですが、いろんな場面でよく使われるものなので、七五三でも利用されます。その時に、書き方は?と悩まれる方が多いようです。

のし袋に必要な情報は、名前、金額、住所です。中袋がないときは、のし袋の裏面の左下に、金額と住所を書けばいいです。

七五三当日までの準備

あとは、神社への予約、当日子どもに着せる衣装の準備、せっかくだから写真撮影(今は結婚式のように前撮りとか後撮りとかもありますね)、家族の服装などなど、考えてみると、やらなければならないことはまだいっぱいあります。それはまた、別のブログで紹介したいと思っています。

おわりに

・七五三の初穂料は、5000円から10000円
・のし袋は、一般的なもので中袋はなくても構わない
・のし袋に必要な情報は、名前、金額、住所
・のし袋の表に、「御初穂料」と子どもの名前を書く
・のし袋の裏か中袋に、金額と住所を書く

以上のことを確認しましたが、いかがだったでしょうか。まとめながら、自分自身もさらに知りたいことが見えてきたので、またブログに書きたいと思います。最後まで読んでいただき、大変ありがとうございました。