節分の由来と意味を簡単に!子供向けにわかりやすく教えるためには?

節分といえば2月3日に豆をまいて鬼を追い出して・・・と誰もが知っているようで、なんで2月3日?とか、なんで豆?豆で鬼は追い出せるの?など、実は知らないことだらけ!『なぜ?」と子供に聞かれて、答えられないことがありました。

節分の由来と意味を知っていれば、子供にわかりやすく教えて、意味を考えながらもっと行事を楽しめると思います。ぜひ、参考にして欲しいと思います。

節分とは?由来と意味を簡単に!

「節分」の由来は、平安時代に中国から伝わった「追儺(ついな)」という厄払いの行事です。天皇の宮殿での行事として、大晦日に行われていたものが、寺社や庶民に伝わっていきました。庶民に定着するようになってから、「節分」の日に行われるようになったそうです。

「節分」とは、その字の通り「季節を分ける」という意味です。「立春」「立夏」「立秋」「立冬」という、中国で生まれた二十四節気上で、春夏秋冬それぞれの季節が始まる前日が「節分」です。つまり本来「節分」は年に4回あるわけです。

昔の暦では、「立春」が1年の始まりとされていました。つまり、「立春」は現在の「元旦」にあたり、その前日である「節分」は「大晦日」にあたることになります。

このことから、「立春」の前の2月3日「節分」が1年のしめくくりとして重要な「節分」となり、翌日から訪れる新たな1年が、福に満ちた1年になるように、悪いことを起こす邪気を払うために願いを込め、2月に行事として「節分」が行われるようになりました。

子どもにわかりやすく説明するとすれば、「昔は春を迎える日の前日が、季節の変わり目の「節分」で、1年の始まりとして大切にされていたので、良い年にしようと行事が行われていたのだよ。」というのはどうでしょうか。

鬼って何?

「節分」といえば、鬼に豆を投げて家の中から追い払う、「鬼は〜外!福は〜内!」ということを誰もが知っていることだと思うのですが、鬼とはいったい何だったのでしょうか?

鬼の言い伝えは昔から、全国各地にあります。恐ろしい姿をしていて、その鬼に町を荒らされたり、金品を奪われたり、人間が食べられるなど、日本人にとって敵対するイメージがとても強いものだと思います。

鬼という字は「おに」と読みますが、悪い運気という意味の「陰(おん)」が変化したと言われています。また、目に見えないおそろしいこと、こわいものという意味の「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、どちらにも共通する「目に見えない悪いこと」が、「おに」なのです。

それをわかりやすくしたのが、人の形をしているけれど、角を生やして金棒を振り回す「おに」の姿ということです。こうやって意味がわかると、「おに」の姿が一番子どもに伝えやすいものではないかと思いました。

鬼はなぜ、豆で追い出せる?

「節分」の「鬼」は、たいていお父さんですよね。豆を購入すると鬼のお面がついてきたり、子どもが作ったお面をつけて、豆をぶつけられています。痛いのかなぁ?

我が家では、昔から落花生を投げていました。でも、調べてみると本来は炒った大豆を用意するようです。豆には古くから魔よけの力があると言われ、「魔目」という字をあてて、豆を魔物の目に投げて、「魔を滅する!」という語呂合わせだと言う説があります。また、魔物の目を炒ることで鬼退治になるという考えもあるようです。そして、まいた豆から芽が出てしまうことは縁起が悪いとされ、炒った豆が使われると言われています。

さらに、鬼退治をした後に豆を食べるのは、豆が持つ「福を呼び込む力」にあやかるためなのだそうです。数え年の数だけ豆を食べると、1年間病気にならず健康でいられると言われています。

子どもに「豆で鬼が退治できるの?」と聞かれたら、「魔物を滅するから「まめ」と呼ばれるし、健康にもいいから福を呼び込むんだよ。」と説明してはどうでしょうか。

正しい豆まきの仕方は?

子どもたちはきっと、鬼(お父さん)に豆を投げつけることが楽しくて仕方ないですよね。でも、豆まきには正式なルールがあるようなので、それを知った上で家族の健康・家庭の円満を願って、みんなで豆まきをしましょう!

①豆まき用の福豆を準備します。すでに炒ったものが売られているようなので、そのままで大丈夫です。升に入れ、豆まきの直前まで神棚にお供えしておきましょう。神棚がない場合は、高い場所に白い紙にのせてお供えをしておくといいようです。

②節分の日に、日が沈む時間に窓を開け、家の奥から外に向かって豆をまきます。そのとき、豊作を祈願するために畑に種をまくしぐさをするのが正しいまきかたのようです。手のひらを上に向けてまくようにして下さい。

③豆をまく人は、主人か年男に限るそうです。(そうすると、子どもたちの楽しみを奪ってしまうので、お父さんが最初にやって見せたら、子どもたちに真似をさせてはどうでしょうか。)

④「鬼は外、福は内。」と、元気に声を出しながら豆をまきます。家中まんべんなく、鬼をおいだすようにまけるといいですね。

⑤鬼を外に追い出したら、すぐに窓を閉めます。日本全国鬼を追い出しているので、家の中に逃げてこないように!

⑥自分の数え年の数だけ豆を食べます。食べ過ぎは禁物ですよね。

⑦食べたら、鬼退治終了です!

正式な豆まきはこの通りですが、せっかくの行事ですから、趣旨を理解した上で、家族みんなで楽しくアレンジして豆まきをして構わないと思います。ぜひ子どもたちに、「1年間の、家族の健康や、福(いいこと)を呼び込むために、節分には豆まきをするんだよ!」と、伝えてください。

おわりに

今回は、節分の由来や意味についてまとめ、子供にどのように教えるか考えてみましたが、いかがだったでしょうか?なんとなくやっていた節分も由来や理由を調べてみると奥が深いです。そして、子供たちと意味を考えながら豆まきをしたら、きっとよい1年を過ごせそうですよね。