体育の日がスポーツの日へ!由来と東京オリンピックに向け変わる理由

体育の日といえば、10月の祝日。1964年に行われた東京オリンピックが由来となって祝日になった・・・ぐらいのことは、みなさんご存知でしたか?

2020年にはまた、東京オリンピックが行われます!それにともない、体育の日がスポーツの日になり、祝日は10月ではない?!と聞きました。せっかくですからこの機会に、体育の日の由来を知り、東京オリンピックに向け気分を盛り上げていきましょう。

体育の日の由来

1964年10月10日、東京オリンピックの開会式が行われました。それにちなんで、10月10日が「体育の日」という祝日に制定されました。

「国民の祝日に関する法律」の中で、スポーツにしたしみ、健康な心身をつちかう、と定義されています。

2000年からは、ハッピーマンデー制度が適用され、10月の第二月曜日へ移動になりました。ハッピーマンデー制度は、公務員や中規模以上の企業を中心に週休2日制が浸透したことから、月曜日を国民の祝日とすることで土曜日と日曜日を合わせた3連休とする制度です。これにより、成人の日などとともに体育の日も毎年日付が変わることとなったのです。

「体育の日」から「スポーツの日」へ

2020年、2回目の東京オリンピック、そしてパラリンピックが開催されます。2017年、超党派の国会議員で構成されるスポーツ議員連盟により、「体育の日」を「スポーツの日」に変更する改正法案が提出されました。この法案は2018年6月に参議院本会議で可決・成立し、東京オリンピック・パラリンピックが開催される2020年以降は「スポーツの日」に改めることとなりました。

また、2020年は東京オリンピックの開会式当日に当たる、7月24日に変更されます。これは、7月24日のオリンピック開会式の前日と当日、そして8月9日の閉会式の翌日を祝日とするもので、7月第3日曜日の「海の日」を開会式前日の23日に、10月第2月曜日の「体育の日」を24日の開会式当日に、8月11日の山の日を閉会式翌日の8月10日にあてます。

これは2020年限りの変更で、「スポーツの日」は2021年から、10月の第二月曜日となります。

東京オリンピックを比較してみる

2020年の東京オリンピックを前に、1964年に開催された東京オリンピックと少しだけ比較してみたいと思います。

1964年の東京オリンピック

第18回目の、夏季オリンピックでした。開会式は10月10日、閉会式は10月24日に行われ、次の23競技が実施されました。

実施競技・・・陸上競技、競泳競技・飛込競技、水球、体操、柔道、レスリング、自転車競技、バレーボール、バスケットボール、サッカー、ボクシング、ボート、セーリング、カヌー、フェンシング、ウエイトリフティング、ホッケー、近代五種競技、馬術、射撃

公開競技・・・男子野球

デモンストレーション・・・武道

2020年の東京オリンピック

第32回目に予定される夏季オリンピックで、開会式は7月24日、閉会式は8月9日に行われる計画です。2013年の招致段階で、次の競技が実施予定です。

実施競技・・・アーチェリー、陸上競技、バドミントン、バスケットボール、ボクシング、カヌー、自転車競技、飛込、馬術、フェンシング、ホッケー、サッカー、ゴルフ、体操、ハンドボール、柔道、近代五種、ボート、ラグビー、セーリング、射撃、競泳、アーティスティックススイミング、卓球、テコンドー、テニス、トライアスロン、バレーボール、水球、ウエイトリフティング、レスリング

また、開催都市が提案できる追加種目があり、次の18種目の実施が決定されている。

開催都市提案の追加種目・・・野球(男子)・ソフトボール(女子)、空手道・組手3階級(男女)・形(男女)、ローラースポーツ・スケートボードストリート(男女)・スケートボードパーク(男女)、スポーツクライミング・ボルダリング・リード・スピード複合(男女)、サーフィンショートボード(男女)

1964年に開催された東京オリンピックで行われた競技は、2020年にも全て行われる予定であることがわかりました。もちろん、技術や道具の向上などから、競技の細かいルールや特徴なども変化している部分もたくさんあると思いますが、それでも昔と変わらず全てのスポーツが世界で行われていることを嬉しく思いました。

また、開催都市提案という形ではありますが、日本でポピュラーな競技や、今世界で新たに親しまれ始めているスポーツも実施されることは、とても有意義なことだと思います。多くの人の活躍の場であってほしいし、将来的にも新しいものが認められる環境があることは大切なことです。

2020年の東京パラリンピック

パラリンピックは世界最高峰の障害者スポーツの総合競技大会で、2004年に開催された夏季オリンピックのアテネ大会から、オリンピックと同じ年に同じ場所で開催されている。

2020年の東京パラリンピックは第16回目の描きパラリンピックで、開会式は8月25日、閉会式は9月6日に行われる計画です。次の22競技537種目が開催されます。

実施競技・・・アーチェリー、陸上競技、ボッチャ、自転車競技(ロード・トラック)、馬術、視覚障害者5人制サッカー、ゴールボール、柔道、パラカヌー、パラトライアスロン、パワーリフティング、ボート、射撃競技、競泳、卓球、バレーボール、車いすバスケットボール、車いすフェンシング、ウィルチェアーラグビー、車いすテニス、パラバドミントン、パラテコンドー

福祉としての視点で見られてきた障害者スポーツが、純粋なスポーツとして広く認知されていくために、パラリンピックはとても大切なイベントだと思います。オリンピック以上にたくさんの人々が、東京パラリンピックを観戦したり、関わっていくきっかけになってほしいと思います。

まとめ

2019年10月14日(月)は、最後の体育の日です。身体を動かせると一番いいと思いますが、スポーツ観戦でも構わないと思います。今から、スポーツに関わる計画を立ててみませんか。

そして、2020年7月24日(金)スポーツの日、東京オリンピックの開会式が行われます。世界が一つになってスポーツを楽しむその瞬間を、一緒に共有しましょう。

2021年からは、スポーツの日はまた10月の第2月曜日となります。スポーツの秋、健康のためにもちょっとでも身体を動かすきっかけの日にしていきたいですね。

最後まで見ていただき、大変ありがとうございました。