お盆休みはいつ?お盆とは?意味や由来を知って、過ごし方を考えよう

昔からお盆の時期に、親戚が集まる家庭も多いと思います。先祖への思いを示す行事は、1年を通していろいろあると思いますが、お盆はどの家庭でも大切にしているのではないでしょうか。

職場で、お盆休みについて話題になりました。来年度の計画を立てるにあたって、いつからいつまで休みが必要か話していると、各家庭でのお盆の過ごし方は様々でした。

お盆休みはいつ?お盆とは?意味や由来を知って、どのように過ごすのがよいのか、考えてみたいと思います。

お盆はいつ?

関東では7月がお盆というイメージがありますが、一般的なお盆休みは8月です。これは、なぜでしょうか。

もともと、お盆と言えば旧暦の7月15日(旧暦盆)でした。しかし、明治6年1月1日の新暦採用以降は、新暦でお盆が行われるようになりました。

旧暦から新暦に切り替わった時、これを徹底させようと必死に努めていた明治政府に対し、令に沿って対応した地域は、新暦7月15日にお盆を行なうようになったと言われています。

7月のお盆

7月にお盆があるのは、関東の一部と北海道函館、そして石川県金沢などです。新暦7月盆を行う地域のお盆は、7月13日~16日です。

しかし、新暦になかなか対応できなかった都市部以外の地域では、やはり昔からの慣習をすぐに切り替えることはできず、旧暦7月15日のお盆が行われ続けました。そして、旧暦7月15日に近い新暦8月15日をお盆とすることで徐々に落ち着いていきました。

8月のお盆

8月のお盆は、北海道や東北、新潟県、長野県、関西地方などです。「月遅れ盆」とも呼ばれ、全国的にも多くみられます。新暦8月盆を行う地域のお盆は、8月13日~16日です。

旧暦のお盆を守る地域

沖縄では、現在でもさまざまな行事を旧暦で行っています。特に「シチグヮチ」と呼ぶお盆は、「家族を大切に、先祖を大切に」という考えを大切にしている沖縄では、旧暦のお盆が最も大切な行事と言われています。旧暦のお盆の期間は、年によって変わるので、9月になることもあります。沖縄のほかにも、関東北部や中国・四国・九州地方、南西諸島等でもこの期間で行われるところがあるようです。

2019年のお盆休みはいつ?

以上のことから、お盆は地域によって時期が違うのですが、一般的に8月13日〜16日の4日間のことを「お盆休み」と呼ぶのが通例になっています。子どもがいると夏休み中で、親戚が集まったり、家族で一緒に旅行をしたりするのによい時期になると思います。

そして、2019年は前後の土日との関係で、最大9連休の長期休暇が取れる可能性があるようです。カレンダーを見てみましょう。

山の日が8月11日の日曜日にあたるため、10日から12日が三連休となります。そのため、お盆休みの後の土日も合わせて、9連休の大型連休となる人も多いのではないでしょうか。

お盆とは?

お盆には、先祖や亡くなった人たちが浄土から地上に戻ってくるといわれ、各家庭で先祖の精霊をお迎えし、供養する期間をお盆と呼んでいます。

伝統的な農耕儀礼や、祖先のお祀りの習慣などが融合して、今の形態へと発展しました。神道の要素もあり、先祖供養の儀式もありと、さまざまな面がみられます。それゆえ、地方色が強く反映されています。

お盆の時期、8月15日前後には連休を取り、田舎のある人は、実家へ戻って、墓参りなどをして、先祖に手を合わせ、その地方地方に伝わる方法で、お盆の準備をします。

お盆の時期に行われる七夕、盆踊り、夏祭り、お中元なども、すべて盆の習慣から発生した行事だといわれています。

お盆の習慣は、仏教以前の祖霊祭祀から発生している、古い習慣といわれ、正月同様、日本人にはなくてはならない習慣といえます。

お盆の由来

お盆は正式には「盂蘭盆(うらぼん)」や「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と呼ばれ、サンスクリット語(インド)の「ウランバナ(逆さ吊り)」を漢字に当てた言葉だといわれています。

日本の仏教では、釈迦の教えを乞うた弟子の目連が、布施や供養を多くの人々に施したところ、その功徳で餓鬼道に落ちて苦しんでいた母親の魂を救うために、修行を終えた僧たちを供養したことがはじまりだといわれています。

このときお釈迦様は、僧たちが修行を終える7月15日に、仏や僧など大勢の人を供養することで、その功徳によりにより多くのご先祖を救われたそうです。成仏させられその先祖供養の日として旧暦7月15日を盂蘭盆(うらぼん)とし、生きている人も幸福を得ると説き、それが現在のお盆につながった、という説があります。

また一方では、イランなどアラブの地域で死者を祀る行事が中国に伝わり、収穫祭とあいまって日本に伝わったという説もあります。

これらが一緒になり「お盆」として日本に伝わったようです。しかし、その起源は明確にはわかっていません。

日本に伝わった後も、お盆は神道や農耕儀礼、ご先祖様をお祀りする習慣などさまざまな要素が融合されて、現在の形に発展しました。そのため地域や家庭の宗教で違いがあり、お盆の準備はそれぞれの地域や家庭の宗教に伝わる方法で行う必要があります。

お盆のはじまり

お盆の歴史は古く、日本書紀によると、初めて行われたのは飛鳥時代だとされています。

推古天皇が初めてのお盆の法要を行い、その後聖武天皇の時代に宮中でお盆の行事を行うようになったといわれています。その後は、主に武家や貴族などの上層階級に広がりましたが、江戸時代に入って、一般庶民にも普及しました。

お盆の準備と過ごし方

お盆の時期は、亡くなった方やご先祖様の霊魂が浄土から帰ってくるので、迎え盆にはその霊魂をお迎えし、送り盆でお送りするのが一般的です。

新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)とは

新の盆と混同されがちな言葉に「新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)」があります。新盆とは初盆とも呼ばれ、四十九日を過ぎて初めて迎えるお盆のことを意味します。つまり、故人の霊が初めて家に戻ってくる、ということになります。

このため、普段のお盆よりも丁寧にお迎えする場合が多いようです。知人などが突然訪ねてくることもあるので、線香や生花など、お客様をお迎えする準備もしておくと良いでしょう。

お盆の準備

お盆の時期には「盂蘭盆会(うらぼんえ)」という法要が各お寺で行われます。特に新盆の場合は、親族を招くこともあります。早めに手配を済ませておく必要があるでしょう。

そのほかにも、家へ故人の霊が戻ってくるため、提灯などを準備しておく必要があります。一般のお盆では毎年使う「盆提灯」を、新盆では白紋天といわれる「新盆提灯」を用意し、精霊を迎える祭壇となる「盆棚」を準備します。

お盆の過ごし方

お盆では先祖の精霊を迎える「迎え盆」、精霊が家庭で過ごす「中日」、精霊を送り出す「送り盆」に分けられます。それぞれでどのような過ごし方をするのか、簡単に解説しましょう。

迎え火

迎え盆である13日の午前中までに盆棚とお供え物を用意し、提灯に火を灯します。オガラと呼ばれる麻の皮をむいた茎の部分を折り、玄関などに置いた焙烙(ほうろく)という素焼きに積み重ねて燃やし、合掌します。これを「迎え火」といいます。穀倉地帯ではワラの所もあるようです。

オガラを燃やした煙に乗って、ご先祖様の霊が家に帰ってくるといわれています。

送り火

送り日である16日には、迎え火と同じようにオガラを燃やし、合掌します。これを「送り火」といい、京都の大文字焼などは送り火の名残だといわれています。

送り日に行われる風習としては、ほかにも九州で行われる「精霊流し」があり、これは送り火の代わりに行われていた行事だといわれています。

ただ、現代では住宅事情などにより伝統的な迎え火、送り火のように実際に火を焚くことが難しい場合があります。宗教によっては、迎え火や送り火が必要ないとされていることあるようです。その場合は、提灯が代わりにその役割を果たすので、盆提灯を灯すとよいでしょう。

お供え物

お盆の入りに、お仏壇の前に「精霊棚(しょうりょうだな)」をしつらえる地域もあります。

精霊棚で、もっともメジャーなお供えは、キュウリとナスに、つまようじや割り箸で四つ足をつけ、馬や牛に見立てたキュウリの馬やナスの牛を供えます。

これは、先祖の霊があの世から戻ってくるときは、あの世へ帰るときは、牛に乗ってゆっくり帰って欲しいという願いを込めたものです。

他にも、初物の果物や野菜、亡くなった方の好物などをお供えする場合もありますし、「お迎え団子」といって団子をお供えする場合もあります。また、14日にそうめん、15日にもちやだんごを供える所もあります。

さらに精励棚には、お仏壇からお灯明や香炉、お仏花などをおろす場合もありますし、逆に場所が狭い場合は、精励棚を作らずに全部お仏壇にお供えする場合もあります。

この期間は、「霊供膳(りょうぐぜん)」といって、朝昼晩と3食、家族と同じ食事を供えたり、家族もみんな魚や肉を使わない「精進料理」にする場合もあります。その他の殺生も避けます。

お盆が終わると、昔はお供え物を小さな船に乗せて川や海へ流し、「精霊流し」や「灯籠流し」が行われていたのですが、最近は環境問題が問題化しているので、送り火で燃やしたり、お寺に納めることが多くなっているようです。

お墓参り

お盆期間中はご先祖様の霊魂は家に帰っているはずなのに、お墓がある方の多くは、お盆にはお墓参りをすると思います。

昔からご先祖様は、いつもわたしたちを見守り導いてくれる存在として、敬意をもって大切に扱うべきだとされてきました。お墓はご先祖様が眠っている場所でもあり、魂をお祀りするためのものです。

したがって、お墓に足を運んで手を合わせることは、ご先祖様を供養するための大切な方法のひとつです。

お墓に足を運ぶことによって、ご先祖様との結びつきを再確認できる機会でもあります。

もともとお盆のお墓参りには、亡くなった方やご先祖様の霊魂を迎えに行き、一緒に帰って数日を共に過ごしたあと、送り届けるという風習がありました。

したがって、本来ならば2回お参りをすることがよいとされていましたが、お墓が遠いなどの理由から難しい場合が多くなっています。

しかし、お墓はご先祖様をお祀りする尊い存在なので、本来のしきたりにこだわらず、感謝と供養の気持ちを込めてお供え物をし、手を合わせることが大切です。

またお墓は浄土と現世の玄関口の役割があるともいわれているので、きれいに磨くことでご先祖様の霊魂を気持ちよく迎え、送ることができると考えられています。

まとめ

お盆は、亡くなった方やご先祖様の霊魂が家に帰ってくることのできる、年に一回の行事です。

習慣や時期、飾りつけのしかたなどは地域や家庭によって違いがありますが、感謝の気持ちをもって心を込めて供養を行うことが重要だと思います。

意味や役割をしっかり理解したうえで、お盆を迎えることは、より良い供養につながるのではないでしょうか。

お盆が事実上の夏休みとなった現在でも、先祖を敬い、家族を大事にする日本の伝統が受け継いでお盆の時期を過ごしたいものです。

最後まで見ていただき、大変ありがとうございました。