こどもの日とは?由来や意味を簡単に!子供に分かりやすく教えるには

「こどもの日」は、小さな頃からなんかワクワクする日で、とても楽しみにしていたのを覚えています。でも、なんで5月5日なのかとか、鯉のぼりや人形、兜の意味、由来など、子供に聞かれても説明することができませんでした。

今回は、「こどもの日」の由来や意味を、簡単にまとめたいと思います。でもまず、できるだけ具体的に理解するところから確認して、そのあとポイントをまとめてみたいと思います。子供にわかりやすく教えて、「こどもの日」という行事を一緒に楽しみましょう。

「こどもの日」の由来と意味

「こどもの日」を、”端午の節句(たんごのせっく)”や、”菖蒲の節句(しょうぶのせっく)”とも呼びます。このような呼び方がなぜあるのか、調べてみました。

端午は中国が由来

今から約2,300年前の中国(当時は楚の国)に、屈原(くつげん)という国王の側近がいました。

正義感が強く情に厚かった屈原は大変人望を集めていたのですが、陰謀によって失脚し国を追われることとなってしまいます。深く失望した屈原は5月5日に汨羅江(べきらこう:中国の川)に身を投げてしまったのです。

屈原を慕っていた楚の国民達は、太鼓を打って魚を脅かし、ちまきを川に投げ込んで屈原の遺体が魚に食べられないようにしました。

端午の端は月の端(はし)で始まりという意味で、端午とは、月の始めの午の日のことを言い、午(ご)が五(ご)に通じることから毎月5日をさすようになりましたが、必ずしも5月に行われる行事ではありませんでした。

しかし、中国では昔から5月(旧暦)の時期は病気が流行し亡くなる人が多かったことから、5月は悪月、5日は5が重なることから悪日として、厄除けに菖蒲や蓬を門に挿し、菖蒲を浸した酒を飲んで厄除けや健康祈願をしていました。

そのことから、中国では5月5日を端午と呼ぶようになりました。

端午が中国から日本に伝わる

日本では、田植えの時期である5月になると、稲の神様に豊穣を祈願するため早乙女と呼ばれる若い娘達が小屋や神社に籠って田植えの前に穢れを祓う「五月忌み」という風習が行われていました。

古くから邪気祓いの力があるとされていた菖蒲(しょうぶ)と薬草の蓬(よもぎ)を軒に挿すことで、厄災を祓って穢れを浄化できると考えられていたのです。

これが、奈良時代に中国から伝来した端午と結びつき、5月5日が”端午の節句”となりました。このことから、”端午の節句”は、日本では元々女性が行っていたと言われています。

”端午の節句”と”菖蒲の節句”

しかし、鎌倉時代になると宮廷で長らく行われていた”端午の節句”は廃れを見せてきました。その一方、菖蒲が武道を重んじるという意味の「尚武」と同じ読み方であることから、武士の間では縁起がよいと”菖蒲の節句(しょうぶのせっく)”とも呼ばれ、盛んに行われるようになります。

そして、江戸時代になると幕府が”端午の節句”を公的な行事として定め、武士以外の庶民にも広く普及をし始めます。

その際、”端午の節句”は武士の流れを汲み、男の子の誕生や成長を祝う行事として認識されていったと言われています。

”端午の節句”と「こどもの日」

一方、現在の「こどもの日」という呼び方は、20世紀初めの世界的な児童の権利に関する動きを受け、日本でも大正時代に児童愛護運動がおこります。

そして、児童愛護デーを定めるにあたり、男の子の節句である”端午の節句”を希望する声が多かったので、5月5日が「こどもの日」という祝日として、1948年に制定されました。

「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」日と決められたので、子供のお祝いだけではなく、母に感謝するという意味もあるのです。

”端午の節句”と”初節句”

子供が誕生後、初めて行われる節句を初節句と言い、身内でお祝いを行います。女の子は、桃の節句(3月3日)、男の子は、端午の節句(5月5日)です。

男の子の場合、初節句に合わせて、祖父母から「鯉のぼり」や「五月人形」などが贈られます。地域によって「母側の両親が贈る」ところと「父側の両親が贈る」ところで分かれているようですが、最近では母方父方の両親が共にお祝い金を包み、それを合わせた分で男の子の両親が購入するというケースが多いようです。

「鯉のぼり」や「五月人形」の意味、由来

さて、5月5日のこどもの日、”端午の節句”には、「鯉のぼり」を庭に上げたり、「五月人形」を飾ったりするのでしょうか。その、意味や由来も調べてみました。

「鯉のぼり」の由来と意味

中国の故事に、「黄河の急流に竜門と呼ばれる滝があり、その滝を登ろうと多くの魚が試みたものの登れたのは鯉だけで、登り切った鯉は竜になった」というものがあります。

また、鯉は清流に限らず環境がよいとは言えない池や沼でも生きていける生命力の強い魚で、祝い事に鯉を食べる習慣もこの生命力の強さを頂く、という意味があります。

このようなことから、「鯉のぼり」には、どのような環境でも生きていくことができるたくましさを備え、立派に成長してほしいという意味があると言われています。

元々、武士の家では男の子が生まれると家紋の入った旗や幟(のぼり)を上げる風習があり、これに対して庶民は幟に縁起物の鯉を描いて掲げていました。

これがやがて江戸時代に裕福な商人が、中国の故事が由来となって結びつき、滝を登る鯉のように立身出世の象徴である鯉の形をした吹き流し型の幟(のぼり)を、男の子の成長を願って庭に建てたことが、「鯉のぼり」の始まりのようです。

「五月人形」の由来と意味

「五月人形」は、”端午の節句”に子どものお守りとして飾る人形のことです。五月飾りとしてみると、「鯉のぼり」は外飾り、「五月人形」は内飾りと言われ、両方を飾ることが望ましいとされています。

江戸時代は武士の時代で、家系を絶やさないためにも男の子が生まれるということは喜ばしいことだったようです。武家に男の子が誕生すると、玄関前に幟や吹流しを立て、兜や人形を飾りお祝いしていました。

はじめは武家の家のみで行われていましたが、次第に庶民にもその風習が広まりました。鎧や兜を持っていない家では、張子などで兜や鎧を作り飾っていたそうです。どの家庭でも端午の節句には兜や鎧を飾るようになり、それが次第に小型化して、現在のような屋内に飾る人形になったようです。

「五月人形」としての鎧や兜は、将軍や武将によって行われていた風習が元となっています。武将にとって、鎧や兜は、自分の身を守るための大切な道具です。このことから『命を守る象徴』と考えられ、「男の子を事故や病気、災害などから守ってくれますように」という意味が込められています。

「こどもの日」、「鯉のぼり」、「五月人形」を、子供に分かりやすく教えるには

「こどもの日」について、だいたい理解できたでしょうか。これを、子供たちにわかりやすく教える言葉を考えていきましょう。

「こどもの日」

昔から5月5日を”端午の節句”と言って、お米がたくさんとれるようにお祓いをしていたんだ。

武士の時代になると、「鯉のぼり」や「兜や鎧」を飾って、男の子の成長をお祝いしたんだ。

そして、すべての子供たちの幸せを願う日をつくろうと、1948年に5月5日を「こどもの人格を重んじ、こどもの幸福をはかるとともに、母に感謝する」お休みの日として、「こどもの日」にしたんだよ。

だから、もともとは男の子のお祝いの日だったけれど、女の子もお祝いするし、お母さんに感謝をする日でもあるんだよ。

「鯉のぼり」

鯉は生きる力が強い魚だから、こどもにも強くなってもらいたいと願って、「鯉のぼり」をかざるんだよ。

「五月人形」

「五月人形」の兜(かぶと)や鎧(よろい)は、昔から身体を守るものだから、子供のお守りとして飾ってきたんだよ。事故とか病気から、守ってくれるんだよ!

おわりに

子供にわかりやすく教えるためには、わかりやすいキーワードを見つけて、それをつなげてできるだけ短く、簡単に伝えることが大切です。

今回まとめた例が、参考になれば幸いです。

私自身、今回調べたことで「こどもの日」が、男の子と女の子関係なく子供のお祝いするだけでなく、お母さんへの感謝を伝える日だということを知り、どんどん伝えていきたいと思いました。

そして、「鯉のぼり」や「五月人形」に込められる、全てに子供たちが安全で元気に大きくなり、幸せになってほしいという願いを、みんなで一緒に願っていきたいと思いました。

最後まで見ていただき、大変ありがとうございました。